沿革

太平つつじ園の由来

現在のつつじ園に至るまでの由来、歴史についてご紹介しております。

桓武天皇や鎌倉源五朗景正などを先祖にもつ、
長尾氏の子孫「元重」が太平氏、大江氏と云う。
其後太平には、大江広元(源頼朝の時代の重臣)につながる。
大江姓大平氏(永井氏)が地頭職を伝えられる。
永井氏と共に太平の地で活躍したものに一部氏(もとは、永井氏を名乗っていた)がいた。

太平郷の城館は舞鶴館(本町)と神田館(神田)館の下館(上八田)わ館(別名上館という平形)の四つの館が一つのグループをなしていた。
舞鶴城に、わ館(現在のつつじ園)は重要な役割をしていた。
わ館は、鎌倉との深い関係がある。また、藤原一族も此の地に身を寄せていた。
わ館跡は、高く険しい天然地形の上に構築され
現在つつじ園とし残っている。

つつじ園の入り口です。

Translate »